エールをいただいている皆様 ※活動に当たって会やメンバーがこれまでお世話になってきた方々、エールを送っていただいている方々についてご紹介させていただきます。なお、所属役職等は2009年2月現在で、お寄せいただいたメッセージは法人設立時(2004年4月のものとなっております。五十音順、敬称略

明石 洋子 社会福祉法人あおぞら共生会副理事長
法人スタートおめでとう!我が子が「共に遊び、ともに学び、共に働き、あたりまえに地域に生きる」を保障したくて、「欲しいものがなければ自ら作ろう」と、数々のサービスを作ってきましたが、徹之と私との出会いが「チューリップ元気の会」を始めるきっかけとなった話は、とても光栄に嬉しく思います。「地域の中で」を目指す若い親御さんの活動が日本を変えていくでしょう。発達障害のある人の支援活動を「本人の思いに添った地域に根ざした事業」として更に発展されますよう、心より祈っております。
阿部 利彦 所沢市 健やか輝き支援室 支援委員 チューリップの皆様との出会いは、豊かな世界を持つ魅力的な子どもたちのおかげです。彼らに導かれ、花咲く道を共に進みましょう!
池田 聡子 成増カウンセリング&療育ルーム室長、埼玉西部地区LD、AD・HD等研究会 代表 .
市毛 研一郎 ぶどう社 .
内山 登紀夫 横浜発達クリニック 院長 / 大妻女子大学 教授 アスペルガー症候群や高機能自閉症、ADHDなどの知的障害を伴わない発達障害はごく最近まで正しく理解されてこなかった。正しく理解することが支援の始まりである。チューリップ元気の会の設立で発達障害の理解がすすむことを期待したい。
小関 京子 西埼玉LD研究会 会長 西埼玉LD研究会はLDとその周辺児の教育の向上に資することを目的に1998年12月に発足しました。小学校の教員、施設の職員で構成され、年に1〜2回の講演会や数回の学習会を開催しています。また、学校生活で困難を抱えている児童の支援の方法を探るために土曜教室を開いています。LD等に関心が高まりつつある中で、全ての子どもたちが、学校、家庭、地域で生き生きと生活し、自立出来るように支援の輪を広げて生きたいと思っています。
梶原 陽子 NPO法人大分特別支援教育室 フリーリー 理事長 チューリップ元気の会の皆様、NPO法人設立おめでとうございます。
まさにチューリップ咲き誇る季節に、子ども達の地域支援を志す社会貢献団体として新しい一歩を踏み出されることは、私達にとっても大変心強く嬉しい気持ちでいっぱいです。埼玉と大分で遠く離れてはおりますが、心と志しを共に、歩み続けてまいりましょう。 
佐藤 秀明 特別支援教育士SV・教育カウンセラー 新しい時代に生きるわたしたちの子どもに伝えていきたいこと
感じ取る目と心を大切にする教育(思いやり)、自分のよさを知り互いに認め合う活動(博愛)、子どもの成長をものがたりとしてなぞる生活(恋の宣言)、
チューリップの花のように(チューリップの花言葉:思いやり・博愛・恋の宣言)
みんなが資源 みんなで支援 佐藤秀明
島  治伸 徳島文理大学人間生活学部 教授 .
島田 律子 「-自閉症の弟から教えられたこと-私はもう逃げない」著者/タレント 「私の夢。それは誰もがのびのびと豊かに生活できること。その記念すべき大きな第一歩に、乾杯!」
高橋 圭三 松山東雲女子大学人文科学部心理子ども学科・子ども福祉専攻准教授 チューリップの活動は二十数年前香川どろんこという名の自助グループをサポートしていたことを思い出します。
高山 恵子 NPO法人 えじそんくらぶ 代表 .
南雲 明彦  学習コーチアカデミー特別研究生 .
宮崎 英憲 東洋大学 教授 NPO法人チューリップ元気の会が、学習困難のある子どもたちの健やかな成長と個性が一段と輝くものとなるための支援事業を着実に展開されることを期待しております。
山岡 修 全国LD親の会 会長
JDDネット・副代表
.