発達障害って何だろう? 発達障害について、その定義と発達障害と称される個別の障害について一般的な定義として説明しておりますが、医学用語、教育用語、行政用語を明確に区分して説明しておりませんのであくまでも参考程度にお読み下さい。

発達障害とは?


幼児期(発達期)に発症し、脳の機能障害として認知−コミュニケーション−社会性の発達を中心とする障害で、自閉症を代表とするされる広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)や注意欠陥・多動性障害(AD/HD)、学習障害(LD)などを指します。なお、最近は境界的知的障害、高機能広汎性発達障害、アスペルガー症候群、AD/HD、学習障害について知的障害(精神発達遅滞)の「程度が軽度」または「ない」という意味的な発達障害のグループとして「軽度発達障害」と総括して呼ばれることが多くなりました。しかしながら、「軽度」という表現について、それぞれの発達障害の程度が軽度であるという解釈がなされて誤解を招くとして、あえて付けずに説明する場合もあります。当サイトにおいても単に「発達障害」として記述しております。

【参考】
発達障害者支援法における定義
  第二条  この法律において「発達障害」とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるものをいう。
 この法律において「発達障害者」とは、発達障害を有するために日常生活又は社会生活に制限を受ける者をいい、「発達障害児」とは、発達障害者のうち十八歳未満のものをいう。


※LD(学習障害)

 学習障害とは、全体的な知的発達に遅れはないが、聞く・話す・読む・書く・計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示します。中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されていて、その障害に起因する学習上の特異な困難は、主として学齢期に顕在化しますが、学齢期を過ぎるまで明らかにならないこともあります。
 学習障害は、視覚障害、聴覚障害、精神薄弱、情緒障害などの状態や、家庭、学校、地域社会などの環境的な要因が直接の原因となるものではありませんが、そうした状態や要因と共に生じる可能性があります。また、行動の自己調整、対人関係などにおける問題が学習障害に伴う形で現れることもあります。

※AD/HD(注意欠陥/多動性障害)

 ADHDとは、アメリカ精神医学会の診断基準第4版(DSM-W)にある診断名です。ADHDは7歳未満に発症し(不注意)(多動)(衝動性)という3つの行動を必須とする行動症候群です。
【不注意】学業など意識の集中が必要な時に集中ができない状態を指します。
【多動性】動き回ったり、座っていても落着き無くじっとしていられない状態を指します。
【衝動性】考えなしの行動や待たねばならない時に待つことができない状態を指します。


 ADHDの診断は発症年齢とこの3組の症状を持ち、学校(あるいは仕事)や家庭や友人関係などの2つ以上の状況でこれらの症状がみられ、かつそれが生活上における障害となっている時にすることができます。また、この3組の症状の程度により「混合型」「不注意優勢型」「多動性
-衝動性優勢型」の3つに分けられます。現在ADHDは脳に何らかの機能不全が考えられますが、特定な脳機能系の障害は認められていません。

*ADHDとLDは、かなり合併することが知られています。LD児の30〜50%がADHDを持つ。またADHD児の50〜80%がLDを持つとも言われています。不適切な対応の中ではADHDの本来的な問題以上に深刻なのは二次障害が起こってくることへの懸念です。


※高機能自閉症・アスペルガー症候群
 高機能自閉症とは、3歳位までに現れ、他人との社会的関係の形成の困難さ、言葉の発達の遅れ、興味や関心が狭く特定のものにこだわることを特徴とする行動の障害である自閉症のうち、知的発達の遅れを伴わないものを言います。また、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定されています。アスペルガー症候群と高機能自閉症の違いは何かと言うことが取りざたされることもありますが、少なくともイギリスの自閉症協会のとっている立場によるとこれらを厳密に区別する必要性は乏しく、高機能自閉症とアスペルガー症候群をひっくるめて自閉症スペクトラムの高機能タイプという言い方をします。


発達障害への理解と支援

 〜準備中〜