準備中です
チューリップ元気の会について ※チューリップ元気の会の目的や活動方針について説明致します。 埼玉新聞の紹介記事はこちら
2005年4月より、NPO法人としての活動が始まりました。
NPO法人については「NPO法人の概要」をご参照下さい。

■ チューリップ元気の会の目的 ■


■LD(学習障害)
■AD/HD(注意欠陥/多動性障害)
■高機能自閉症・アスペルガー症候群
■軽度知的障害等 etc・・・
これらの障害などにより、学校生活や社会生活などに困難がある子ども達を理解し、子どもたちの健やかな成長をはかるため、一人一人に適した教育を受け、就労し、自立していくことを支援します。


 発達障害って何だろう?


■ チューリップ元気の会の活動方針 ■

当会は、公民館活動から始まった自助グループの親の会が母体となっております。
子どもたちの居場所づくり、仲間作りの場である土曜クラブを始めとして子どもたちへの支援のために会員自ら積極的に諸活動に参加しております。また、お互い困ったときには抱える悩みや解決すべき問題を皆で共有して受け止め、一緒に考えたり、アドバイスを行ったりしています。また、地域に密着して活動している会のため周辺地域や関係団体との連携を大切にして情報交流を進めて参りました。
なお、2005年4月より、発達障害児者への地域におけるトータルサポートを目的としてNPO法人を設立し、活動を始めました。詳しくは「NPO法人の概要」をご参照下さい。

■ チューリップ元気の会代表(NPO法人理事長)より ■

溝井啓子(ひろこ)
チューリップ元気の会代表(NPO法人理事長)

1961年生まれ 血液型O型 軽度発達障害の長男の不登校をきっかけに「親の会」の活動に専念。次男は自閉症。受け皿のない子どもたちに居場所を作りたいという思いで、チューリップ元気の会を立ち上げました。2005年4月NPO法人チューリップ元気の会を設立し、理事長に就任する。
いつか子どもたちと海外旅行に行きたいな!!

代表からのメッセージ  「わが子が発達障害と言われたとき」
   代表からのメッセージ2 「親の会の出会いの中で」

■ これまでの経緯 ■


2000
年4月〜 公民館活動としてピアカウンセリングを開始

2002年4月〜 子ども達の居場所づくりのためのサークル活動「土曜クラブ」を開始

200211月  島田律子氏講演会開催

2003年8月  梶原陽子氏講演会&特別支援教育シンポジウム開催

2004年4月〜 相談業務を開始

2004年8月  島田豊氏・明石邦彦氏講演会&おやじシンポジウム開催

2004年8月  法人設立の検討を開始

2004年12 月   設立総会を開催

2005年2月  福島豊氏講演会&発達障害者支援法シンポジウム開催

2005年4月〜 NPO法人として事業開始


紹介記事
 埼玉新聞の連載企画【軽度発達障害考】気づきから支援へ
 にチューリップ元気の会が紹介されました。 
※記事転載は新聞社から許諾済です。

 (18)運命を変えた出会い 親の会<1>(2007.06.13)



 (19)必要なものは自分で作る 親の会<2>(2007.06.20)


 (20)新しい自分を発見する 親の会<3> (2007.06.27)


 (21)“おやじ”の気持ち 親の会<4> (2007.07.04)


 (22)たくましくなった長男 親の会<5> (2007.07.11)